仏教 こころの言葉

このページは21世紀の夜明、2000年3月より「樹心堂」として毎月1回の更新の形で表示しておりましたが、この度、新しく「仏教 こころの言葉」として、みなさまに御覧いただくべく、あらためて表示しております。


●今月の言葉(2019年3月)
『顕浄土真実教行証』教文類1


【現代語訳】
 つつしんで浄土真宗、すなわち、浄土真実の教えを考えてみるに、 二種の回向ということがある。一つには往相回向、すなわち、 私たち衆生が浄土に生れ仏になるということ。二つには還相回向、 すなわち浄土に生れて仏になった結果、如来のはたらきとして、この世に還相して 衆生の往相をたすけるというはたらきである。 そして、往相の回向について 真実の教・行・信・証がある。
 ここで真実の教えを顕せば、これはとりもなおさず『大無量寿経』である。 この経の大意は、永劫の過去からの無限の因縁によって全てをここにこのようにあらしめた、 根源の仏である阿弥陀仏が誓いを起され、広くすべての衆生のために法蔵を開いて、 われわれ凡夫を哀れんで、その開かれた法蔵の中から、功徳の宝を選び、施して下され、
 そして仏祖釈尊は、この世にお生まれになり弥陀の教えを説き明かして、諸々の衆生に 真実の往相の利益(りやく)を恵もうと思い計られたのである。このために如来の本願を説くことを、この経の本旨とし、仏の名号を、この経の根本とするのである。
 なにをもって、釈尊が、この世にお出ましになった大事であるかということが 知られるかといえば・・・

読下し古文
  つつしんで(じょう)()(しん)(しゅう)(あん)ずるに、()(しゅ)()(こう)あり。(ひと)つには往相(おうそう)(ふた)つには(げん)(そう)なり。(おう)(そう)()(こう)について(しん)(じつ)(きょう)(ぎょう)(しん)(しょう)あり。
 それ(しん)(じつ)(きょう)(あらわ)さぱ、すなはち『(だい)()(りょう)寿(じゅ)(きょう)』これなり。この(きょう)(たい)()は、()()(ちかい)(ちょう)(ほつ)して、(ひろ)(ほう)(ぞう)(ひら)きて、(ぼん)(しょう)(あわ)れんで(えら)んで()(どく)(ほう)()することを(いた)す。(しゃ)()()(しゅっ)(こう)して、(どう)(きょう)(こう)(せん)して(ぐん)(もう)(すく)(めぐみ)むに(しん)(じつ)()をもってせんと(ほっ)すなり。ここをもって(にょ)(らい)(ほん)(がん)()きて(きょう)(しゅう)()とす、すなはち(ぶつ)名号(みょうごう)をもって(きょう)(たい)とするなり。
 なにをもってか(しゅっ)()(だい)()なりと()ることを()るとならば、

【HP作成者感想】
 いよいよ、本日から教巻本文に入りました。そして、親鸞聖人は、ここでも、いきなり浄土真実の教えには先ず二種回向、すなわち往相の回向と還相の回向があることを強調されます。そして、往相迴向の中に教と行と信と証があることを述べられます。すなわち、親鸞聖人は、何をおいても、浄土真宗、すなわち浄土真実の教えは二種の回向によって成り立つのだということを、先ず、ここで強調されるのです。そして、その上で「それ、真実の教を顕さば『大無量寿経』これなり」と所依の経典である『大無量寿経』の名前を挙げ、さらに「この経の大意は・・・」と『大無量寿経』の大意をの述べていかれます。
 さて、ここで、教巻のはじまりからここまで、聖人の文章を読んできて、その文章構成に、或る違和感を覚えずにはおれませんでした。それは、どういうことかといいますと、
(1) まさに、教巻の初めでありますから、まず冒頭から、親鸞浄土教の教えの根本を示す所依の経典『大無量寿経』の大意から、親鸞聖人は語り始められるのが普通ではないかと、私は思うのです、すなわち、「それ真実の教を顕さば、すなわち『大無量寿経』これなり」から始めるべきでしょう。なぜなら、今から説き始めようとするのが「教巻」だからです。ところが、その所依の経典『大無量寿経』を差し置いて、まず真っ先に大無量寿経の中でも当然説かれている二種回向という事柄から、聖人は語り始められていると云うことです。わたしは、あえてご批判を恐れずに申し上げれば、これは聖人が、自ら説いておられる『大無量寿経』の真っ先の根本の教えは、何を置いても、第一に弥陀の回向にあるということを、ここで強調されたかったのではないかと思うのです。すなわち、われわれ衆生の一挙手一投足、一念一念の心の起滅が、全て弥陀の本願力迴向(すなわち他力迴向)によっているという、絶対他力の回向ということを、聖人はここで、先ず第一に示したかったのではないでしょうか。そして、この迴向のはたらきを親鸞浄土教の第一の根幹であることを顕すために、大無量寿経の本願成就文の読み方について、普通に読めば「あらゆる衆生、その名号を聞きて信心歓喜、乃至一念、至心に回向して、彼の国に生まれんと願ずれば即ち往生を得、不退転に住せん。」となるところを、「あらゆる衆生、その名号を聞きて信心歓喜せんこと、乃至一念せん、至心に回向せしめたまへり。かの国に生ぜんと願ぜば、即ち往生を得、不退転に住せん。」と読んでいます。いささか無理な読み方です。そのほかの大無量寿経の中で、このケースに似た表現に於いて、親鸞以前には衆生のはたらきとして読んできたところを、「せしめたまへり」とか「したまへり」など仏のはたらきとして読み替えています。たとえば、上の願成就文のほかに、例の一端として『無量寿如来会』や、善導の『散善義』からの引用した文においても
○ 他方仏国所有有情 無量寿如来名号きてよく一念浄信発して歓喜せしめ所有の善根回向したまへる愛楽して無量寿国に生ぜんと願ぜば ひてみなれ、 不退転乃至無上正等菩提んと。
○ 
また回向発願してずるものは、かならず決定して真実心のうちに回向したまへるゐて得生をなせ。
 これらの読み替えは、教行信証の中に、まことに数多くあり、このことからいえることは、まさに、親鸞聖人が、大無量寿経の中から、特に二種回向を教巻の冒頭に取り上げて、親鸞浄土教の根幹は他力迴向に、すなわち如来の本願力迴向にあることを示されたのではないかと思うところです。ことほど左様に、親鸞聖人は教行信証の中の、ご自身の文章でも如実に如来回向のはたらきを汲めども尽きず述べておられます。その例として
 しかれば、もしは行、 もしは信、 一事として阿弥陀如来の清浄願心の回向成就したまふところにあらざることあることなし。なくしてのあるにはあらざるなりと、 るべし。
 そして、このような親鸞聖人の他力迴向の信心は、時代を超えて、たとえば明治・大正から昭和にかけて無上の浄土真実の信心に生きた、島根県温泉津の妙好人、浅原才市翁の宗教詩に
○ 「となえるも あみだぶつ、 かぎょう(稼業)するのも あみだぶつ、 まま()をたべるも あみだぶつ、 道をあるくも あみだぶつ、 せかいのものは あみだぶつ、 ことごとくあみだぶつのもの、 さいちも あみだぶつのもの、 なにもかも
 「他力には、自力他力も、ありはせん。いちめんの他力、なむあみだぶつ。」
とあるように、現代においても究極の他力迴向の信心が人々の中に生きています。

(2) 次に、親鸞聖人が教巻劈頭の二種回向の文で、「つつしんで浄土真宗を案ずるに、二種の迴向あり。ひとつには往相、二つには還相なり。」とし、そのすぐ後に、「往相の回向について真実の教行信証あり。」とされているところです。そして、二種回向の文章は、一応、ここで終わって、「それ真実の教を顕さば『大無量寿経』これなり。」と述べて、次の話題に移っています。私の疑問は、先ず、一つには往相、二つには還相と「二種の回向」をはっきりと述べられた後に、どうして、「往相の回向について、真実の教行信証あり」とだけ述べて、「還相迴向」についての、この種の言及がないのは何故かと云うことです。たとえば、「還相迴向にも真実の教・行・信・証あり」といわれなかったのかということです。なるほど、往相迴向は、教・行・信・証がなければ成り立たないでしょう。つまり、回向としての真実の教・行・信・証なしに往相はあり得ません。還相迴向について教・行・信・証は関係するのでしょうか。あれだけ前半で「浄土真宗について案ずるに、二種の迴向あり。」として、さらに「一つには往相、二つには還相なり。」とはっきりと二つ並べて強調しておられるのにも関わらずです。すなわち、衆生に与えられる教・行・信・証はすべて、如来の回向とするならば還相迴向には如来回向の「教」として「第二十二願」があり、同じく「行」としては、たとえば妙好人、讃岐の庄松は「自分がよろこんで捨てた念仏を、拾ってよろこぶ奴がいる」といった口の悪い庄松らしい言葉、勿論「捨てた」とは庄松が「南無阿弥陀仏」と称えたということでしょうし、拾って喜ぶとは、庄松が喜んで称えていた「南無阿弥陀仏」を聞いて、同じように喜んで称える人々、庄松のまわりにいるということでしょう。そのような体験談を庄松は語っています。すなわち還相迴向にも如来回向としての念仏行がはたらいていると言えますし、「信」についても、自らが如来の回向により与えられた信心をよろこぶだけでは不満足で、他の人にも伝えて、共によろこびを享受したいと思い、自ずと、そのような行動をとるということは「信」における還相迴向の顕れと言えます。更に如来回向の結果としての「証」については、如来回向によって浄土に生まれて、「証」を獲てこそ、すぐさま、生死の稠林、すなわちこの世に還って、人々の浄土往生を助ける還相迴向のはたらきができる。以上のように考えると、「還相迴向についても教・行・信・証と強い関連性あり」といえるのではないか、いや、それどころか「教・行・信・証・は還相迴向である。」とも言えるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。しかし親鸞聖人は、あくまでも「往相の回向について、真実の教行信証あり。」とのみ言われて、還相迴向と教・行・信・証の関係には触れておられません。このことを、どう考えるかということです。なるほど、親鸞浄土教においては、衆生は往相回向が成就され浄土に生まれてこそ、すぐさま還相迴向によって生死の稠林に廻入して人々の往相を助けることができるのですから、往相迴向の成就無くして還相迴向はあり得ません。したがって、ここはむしろ①「還相迴向について、真実の往相迴向あり。」ということであって、如来回向による真実の「教・行・信・証」なしにはあり得ない還相迴向こそ、往相迴向の原動力になる回向であり、したがって、上の①の表現になるのだが、親鸞聖人は、あえて、このようなことは自明のこととして、この教巻初めの文章には付け加えられなかったのではないかと推察するのですが、いかがでしょうか。 この事柄は、さらに思索を重ねるべき事柄であり、来月も引き続いて検討すべきであろうと考えられます。


 

今月は以上で終わります。